レディースコーラスフェスティバルに出演しました


2月22日(土)23日(日)の両日、池田市民文化会館アゼリアホールで第50回レディースコーラスフェスティバルが開かれ、はづきは、23日(日)に出演し、信長貴富作曲、佐々木幹郎詩の女声合唱とピアノのための「風のなかのの挨拶」から、「鏡の上を走りながら」を歌いました。東日本大震災をテーマにした曲集の
第1曲で、”生と死の境を漂うような透明感のある”アカペラの世界と、”生への希求”に至るピアノ付きの部分があり、大変難しい曲でした。メッセージが少しでも客席につたわったでしょうか。

コロナウイルスのことがあって、出演を辞退した団があったり、客席がガラガラだったり、50回記念だというのに、寂しくなってしまったのがとても残念です。早く収束して楽しく合唱ができるようになりますように。